<< 100kmチャレンジ part 2 [ The 100km cycling Part 2 ] | main | 映画:アイアムレジェンド[I Am Legend] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| - | | - | - |
100kmチャレンジ part 3 [ The 100km cycling Part 3 ]
さあ、これから南に下ろう。
あと距離は40kmぐらいかと思ったら俄然やる気が出た。
(でも、実際はあと70kmだったのだけれども・・・)

そうそうこの辺りに来るまでには
もうとっくにあまがっぱは脱いであったので
足が軽かったっけな(笑)

今回の挑戦では以外に写真が撮れていないなと思ったけれど
まあ、夜だし、雨も降っていたし、畑しかないしということを
考えたら写真のためにあまり時間を費やしていられないな
と思った。

そうして南に下り始める。
今度はあんまり高低の差はないんだけれど
田んぼばっかりでぱっとしないな。

そして、何よりも海の気配が全くなかった。
海沿いの若干内陸を進んでいたからしょうがないか。

ここで今日は泊まろうかどうか考えた。
別にこのチャレンジはそもそも夜に
行わないといけないものではなかったので
いい場所があれば泊まることも考えた。
そして、朝に出発するのも悪くないと。

時間は真夜中を過ぎている。
こんな場所に24時間営業の宿などあるはずがない。
女将さんが仕切る宿みたいなところしかないんだ・・・
もう寝ることは諦めた。

そんなときに健康ランドの標識が道路脇から現れる。
体を休めるだけでも・・・そして、景気付けだ!!
とワクワクするけれど
一向にそれらしきものは見当たらない。
田舎の看板は当てにならないな・・・
そう気づいたのは
3m先で行っている工事の看板に

[30m先 工事中]

と書いてあったときに気づいた。
いくらなんでも、それはないでしょう(汗)

とにかく、そこを突き進むも
見当たるのはコンビニだけ・・・
正直、コンビニ弁当で夕飯(2,3時頃ではあるけれど)を
済ませるのは気が進まなかったので
進み続ける。

一向に何も見えてこない。
新しく出てきた標識を見てみると
そこには違う名前の街が?!

どうやら健康ランドの街は通り過ぎてしまったようだ・・・
でも、もう後には戻れないので
また進み続ける。

それから1時間。
食べ物屋も何も見つからない。
もうこれはまずい。

とりあえず、ようやく見つけたコンビニに寄る。
気持ちが若干焦る。

食べ物屋を見つけるまでに
お腹を満たすために
おにぎりを一個買う。
シーチキン。これを暖めてもらったので
相当おいしく感じる。
自転車の前で外で頂く。
もう最後だろという気持ちで
健康ランドが近くにないかどうか
店の中に戻って、店員さんに聞いてみる。

店員さんにはここを北東の道に3kmぐらい行った所に
健康ランドがありますよと断言される。
これを言ったら失礼になってしまうかも
しれないけれど、すごい自信たっぷりの割りには
どうにも説明不足な感じ。夜2時を越えたからしょうがないか(苦笑)
というここで多少遠回りでも
ここで気合いを入れなおしたいと思い
左右畑だらけの道に突入する。

健康ランドを目指し走り始めてから10分。
何も見つからない・・・これは最悪の事態が起きそうだ。
時間を無駄にして、何も発見できない。
これ以上、北に行くと
ゴールから離れてしまうと思ったし
第一、体を休めるためにもっと長い距離を走ったら
全く意味が無いと思った。

すぐに引き返して
もう絶対に北には行かないし
もう健康ランドのことは忘れる。
と決心した。

それから、また走り続ける。

ようやく磯の香りがし始める。
ゴール地点と同じ地形に変わったな
と嬉しくなる。本当に嬉しかった。

がお腹が空きすぎてしょうがなかった・・・
ここまで来たのに食べ物屋がないなんて
どうかしていると思った(笑)・・・
ここで体力が尽きて倒れたら
今までのすべてがパーになると思った。

もうしっかりしたところで
ちゃんとしたものを食べるなんてことは諦めた。
今ここで食べるしかないんだ!!
次の店が何であれそこで
食べ物を食べることにした。
時間は朝の4時頃。どこの店が開いているだろうか??
一箇所だけ間違いないところがある。

そうこの旅で
3度目はお世話になっているコンビニに行くことにした!!
何か暖かいものが食べたかった。
でも、栄養バランスも気にしたかった。
だからカップラーメン大盛と野菜ジュースを手にし
拡がる駐車場の端で食べることにした。
海の周りのコンビニの駐車場は本当に広い。
最後に食まともな食事を取ったのは10時間以上前だと
いうことをふと思い出した・・・生きるために食べる。
そんな感じがした。それに食べれることに本当に感謝ができた。
あのときのカップラーメンが本当においしく感じた(笑)

そうして、また進み始めた。
どうやら時間が来たようだ!!

日が昇り始める!!



左に見えるのは釣り道具屋。
ますます海を身近に感じる!!

もう少しだ。

ここで空が綺麗だったので
写真を撮ることにした。
ようやく希望の光が見えてきた(笑)

このチャレンジで今まで見てきたものとは
まるで正反対の光景だった。
こんな景色朝の5時ぐらいじゃないと見れないんだろうなと思った(笑)
この景色はしっかりと心に焼き付けた。

古き良き日本の面影
そして、ここでも一枚。
少し霧がかかっていた。


あとゴールもわずかだろう思っていた。
そんなときにあるに自分のある症状に気がついた。
足が思い通りに動かなかった。
疲労の影響で油が切れたみたいに感じた。
そして、それだけじゃない。
とてつもない眠気に襲われた。
聞いたことがあるけれど、本当に体が休みを求めているときは
無理やりにでも本人を眠らせようとするらしい。
絶対にそれだと思った。
気力で乗り切れるような普段の眠さとは違った。
危うく居眠り運転をするところだった。
自転車の居眠り運転は聞いたことがない。

どうにか少し休憩が取れるところを見つけようとした。
それから20分以上が経過したころについに発見した!!

なんだこの葉の字型のベンチは!?

バス停か何かわからずにすぐに座り込んで
仮眠を取る事にした。

そのとき・・・

携帯が鳴る。確かまだ朝の6時前。
母親だ。今どこにいるのと問われた。
もうほぼ到着したことを告げた。
何をそんな飛ばしてなどと言われたけれど
ここまで来るのに、寝る場所も休憩する場所もなかったのだから
仕方がない。あるときは野宿も本気で考えた(笑)
そんなカジュアルな会話が終わり、僕は眠りについた。
約30分の仮眠。仮眠の力は恐ろしい。
すっかり目が覚めて、足ももうだるくない。
雨で動きが悪くなった自転車に油を差す。
少し動きも良くなった。


こうして最後の力を振り絞る。


海沿いの地形をおさらいしておくと
入り組んだ山のようになっているところが多い。
ここも例外ではなくて、僕の体力をみるみる奪っていく。
ギアなしの自転車はきついなと思った(笑)

そして・・・



海だよ〜!!と自分に叫びたくなった。
これが10時間以上も激走してきたものだったから!!

いい加減長いブログになってきてしまったので
簡潔にこれからは書きます!!


ここでゴ〜ル!!とはいかなくて・・・

これから房総半島の先端を這うように進む!!
そして、少し迷子になった。地元の兄さんに
向こうだよ道を教えてもらいまた遠くを目指す。

今までで一番高低差ある道路。のおかげで
また足に疲労が溜まる・・・もうゴールできると
思っていたのに、まだ先は長かった。
最後の最後まで油断はしちゃいけないんだ。

ようやくゴールが近くにあることを確信した。
もう時間は朝の8時を回っている。
偶然、レストランを見つけ最後の締めとして
食べることにした。
挑戦開始後初めての文化的な食事になる。
そこでハンバーグ定食を頼んだ。
でも、頼んだらほとんど眠りに落ちてしまった(汗)
店員さんのお待たせしました(おはようございます)
という掛け声で目を覚まし、ウトウトしながら食事を済ませた。

もうやり残すことはなかった。
あとはひたすら快調に飛ばしていく。
曇りの予定の天気が外れて
日差しが気持ちいい。


ここは??


いつもの景色が目の前に広がる。
ようやく到着したんだ。


ゴール

家族で予約していた宿に朝10時頃に到着。


〜自転車100kmチャレンジ〜

総時間:約14時間

走行距離:約129km


宿のお母さんに出してもらった麦茶を飲み、家族が着くまでここで休息を取る事にしました。そうしてこれからの3日間、久々に両親と海で時間を過ごすことになりました。

(完)


無事チャレンジは終わりました。
心配させてしまった方すいません・・・
でも、自分に何ができるかをやっぱり見てみないからには
始まらないと思ったので。
ひとつわかったことは、本当に自分で信じているとこであれば
だいたいのことはできるということ。
自分の気持ちを自分が100%信頼していれば何でもできる。
そうこの挑戦で確信できました。
周りにみんなには絶対にできない。馬鹿な事は止めろというように
言われたけれど、自分では絶対に達成できると疑いませんでした。

自転車に乗ることが大事だったのではなくて
自分の気持ちの強さを確かめることが自分の中では
重要でした。

本当に100%自分の魂を入れてやれば何でもできる。
だから僕はアメリカに行って役者になる。
無茶苦茶なことを言っているかもしれないけれど
後は実際に行動で示すだけが今の僕にできること。

小さな目標だったけれど
達成することでまた夢に向かうモチベーションが上がった。
こういった感じで今あるたくさんの小さな目標を実現していって
夢を現実に近づけて行きたい。いやっ自分が近づいてゆこうと思う。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 挑戦 [Challenges] | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| - | 23:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ryoheiwatanabe.com/trackback/451
トラックバック

© 2008 - 2016 ryoheiwatanabe.com  All Rights Reserved.
-->