スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| - | | - | - |
TVドラマ Xファイル ~The X files~ Season 1
今日はXファイルについての個人的な感想と見解について書きたい。

ストーリー:FBI内にて未知なる事件についてのことが収められたファイル「Xファイル」。それを唯一、一人で担当するのが捜査官のモルダー。彼のアシスタントとして、女性捜査官のスカリーが選ばれ、二人で未知なる事件を解決していくことになるが・・・


アメリカのテレビドラマの中で、この作品はSF映画から宇宙人に対する人の考えに至るまで大きな影響を与えた。この未知なる世界について一番最初に開拓していったのがXファイル。アメリカのテレビドラマで似たようなドラマはいくつも目にしたけれど、この作品ほど完成度の高いものはなかった。この作品は今でも気兼ねなく、普通に観ることができる。そして、現在の新しいドラマや映画に負けを取らない。その大きな理由のひとつは、ストーリーにあると思う。サスペンスは人間心理を理解していないと作れない。この作品の脚本家の人に対する理解力は半端じゃない。あり得ない状況に直面した人の反応に真実味があるから観るごとに余計に引き込まれる。

なんだろう・・・この作品を観ているときに何か本を読んでいるに近いものを感じた。
本を読んでいるときって、自分の中で物事をイメージにして、見ているのだけれども、xファイルを観ているときってそういう感覚に陥る。事件があるごとにモルダーたちは真相を掴みかける。だけれども、他の人がその未知なる存在を認められる証拠は手に入らない。でも、確実に少しづつ、彼らは真実に歩み寄っていく。その先に見えるものって・・・そこの部分を僕らはそれぞれのイメージで想像する。幽霊がいるのか?宇宙人はいるのか?超能力は存在するのか?これらの答えは、出ていないけれど、考えるだけで、ワクワクするものがある。知らないからこそのミステリーって本当に魅力がある。例えば、もし、この世界に宇宙人が存在することが証明されたら、次に来るのは、彼らと戦うのか、どうやって、共存していくのかってことになると思う。この見えないものを追っているときのスリル。現実を知ったとき、真実は歓喜になるか、失望になるのか。そこのところを突いているのがXファイルだと思った。

僕は、Xファイルのすべてのシーズンは観ていないので、時間を見つけたら、少しづつ観て行きたい。
これからやる新しい映画も楽しみだ。

僕が挑戦するのは、その先にあるミステリーを追求したいからかもしれない(笑)
宝箱がもし空っぽでも、その空っぽの宝箱を開けてからしか生まれない感情もあると思う。

人生、毎日がXファイルです!!




何か?(笑)


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 観た映画 | 00:47 | comments(0) | - |
映画:羊たちの沈黙
Shawshankredemption.jpg  羊たちの沈黙
1991年
監督: ジョナサン・デミ
出演: ジョディ・フォスター, アンソニー・ホプキンス
製作国:アメリカ

FBI訓練生のクラリスは狂気の連続殺人犯を捕まえるように命じられる。その犯人の心理を知るために、獄中の精神科医レクター博士と接触することになる。彼女は捜査のためにレクターの自分の秘密を少しづつ明かしてゆき・・・

誰もが知ることながらこの作品は常にサスペンスのトップに位置する映画。何と表現したらいいのだろう・・・すべての側面でコンプリートされた作品。作品の中にぐいぐいと引き込まれ、観ている間に、現実に連れ戻されることがなかった。主人公と一緒に恐怖を感じ、乗り切っていくというか。90年代前半の作品なのに、まるで衰えを知らない作品。伝説的なレクターはもちろんのことインパクトが強い。そして、個人的には、ジョディ・フォスターの演技がすごい良いと感じた。近年の作品の中で、こんなに強く演技をする女性の役者はいただろうかと思った。これを見ずにして、サスペンスは語れない。




Amazonで「羊たちの沈黙」を確認
IMDBで「羊たちの沈黙」を確認


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 観た映画 | 23:43 | comments(0) | - |
映画:ショーシャンクの空に
Shawshankredemption.jpg  ショーシャンクの空に
1994年
監督: フランク・ダラボン
出演: ティム・ロビンス, モーガン・フリーマン, ウィリアム・サドラー, ボブ・ガントン, ジェームズ・ホイットモア
製作国:アメリカ

妻殺害の罪でアンディ(ティム・ロビンス)はショーシャンク刑務所に入れられてしまう。外の世界とは、完全に隔たれた世界。その中でアンディは、この刑務所や他の受刑者とは、慣れ親しもうとしない。その彼を遠くから見ていたレッドはアンディに他のものとは違う何かを感じる。レッドとアンディは次第に打ち解けてゆくが、このショーシャンクの壁は彼らの前に、揺らぐことなく立ち続ける。そこへある事件が起こり、次第に彼らの生活の中の何かが変わり始める・・・



この作品はもう何度も見たことか・・・何度見ても、作品の中に出てくるものの違う視点でこの境遇を見ることができる。本当に興味深く、人間の本質の部分を見せられる気がする。刑務所の中のこの苦しい状況が痛いほどに伝わってくる。明日を思えば、それが絶望に変わる。20年先を見て、明日を忘れることなんて人間にはできない。今、ここにいて、外の空気を吸うことがどれだけ幸せなことかとも思える。
何度も観たくなる。そして、見る度に感銘を受ける。
監督による繊細なメッセージが心に響く作品。




Amazonで「ショーシャンクの空に」を確認
IMDBで「ショーシャンクの空に」を確認


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 観た映画 | 00:55 | comments(0) | - |
アバター[Avatar]


アバターを観ました!!なので久しぶりに感想を書きたいと思いますね!

アバター(2009)
監督:ジェームズ・キャメロン

ストーリーについてはあえて触れないで置いて(笑)・・・

この映画はこれまでの映画の壁をさらに超えました!
CGに物凄く真実味がある。映画の中のCGのキャラクターの肌の質感など
をぜひ見てほしい。今までのCGはどれだけ派手にするかというの
主流だったような気がするけれど、これは背景は細かい点まで
のリアルさを追求している。映画は3Dで観たのだけれども
必要最低限の3D効果で臨場感を感じさせるだけに留めて
映画を滑稽に感じさせない。
この映画のテーマも深いものだとも思った。
人間と環境もしくは人種の違いなどそんなことについて
観た後に考えさせられた。物事は一面から見るだけじゃ
的確な判断はできない。
この映画の壮大な世界観にも魅了された。
先住民のアバター達の文化に対するこだわりも半端ではない。
映画のためとはいえ、新しい文化を作ってしまうなんて驚きだ・・・
SF映画として考えたら今まで観た映画で一番良いかもしれない。

やっぱり映画館で観る映画は良いですね〜
家で観るのとは一味違います。自分も演技をしたいとか
作りたい気持ちがさらに湧いてきました!!
今、自分にはまだまだテクニックだけじゃなくて
人生経験も足りていないと思うので、やれることにすべて
チャレンジして、より表現できるようになりたい。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 観た映画 | 18:45 | comments(1) | trackbacks(0) |
レスラー [The Wrestler](2008)
レスラー [The Wrestler]



出演:ミッキー・ローク,マリサ・トメイ
ジャンル:ドラマ・スポーツ

ストーリー:プロレスラーとして生きてきたランディは年を取りつつも、なんとかプロレスを続ける日々を送っていた。
ある日、激しい試合の後、心臓発作を起こし
プロレスを続けるのが困難な状況に陥る。
そして・・・

※ネタバレ注意!!

本音のところを言うと今まで完全にノーマークだった映画。
しかし、この映画は男なら絶対に見逃せない映画だ!!
ある男のプロレス一本に生きた人生。他の道は何も残っていない。
彼の生活はプロレスという舞台の輝きを除いては惨めな生活かもしれない。
ただし、彼にはプロレスがある。
20年以上も同じものに懸ける人生に惚れた。
男のロマンや夢を強く感じさせる男気が溢れている。
内容はときとしてクレージーな部分があるけれど
それはこの彼の実生活とのギャップを強く際立たせている。
安定した生活よりももっと大事なものがある。
ひたすらリングでの興奮を求め続け
自分の生き様をことごとく見せ付けたランディ、
彼を演じたミッキー・ロークに乾杯。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 観た映画 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
つぐない [Atonement]
最近、あまり書く機会がなかった映画のレビューを勝手に再開します!



つぐない [Atonement](2007)

出演:キーラ・ナイトレイ,ジェームズ・マカヴォイ

戦争が続く1930年代のイギリス。官僚の娘のセシーリアと一緒に
育った使用人の息子・ロビー。彼らは次第に恋に落ちていく・・・
しかし、セシーリアの妹のブライオニーのついた小さな嘘に
よって彼らの運命が大きく左右されることになる・・・

久しぶりに観たイギリス映画。
イギリス映画は歴史や伝統を強く感じる作品が
多い気がするけれどこの映画もその映画のひとつだと思う。
アメリカ映画に多い汚いスラングも少ない(笑)
この頃のイギリスが階級社会であるということを忘れては観れない。
作品描写としては、バンテージ・ポイントに似た映像テクニックを
使っていて面白い。ひとつのものを違う視点から映し出すという描写だ。
バンテージ・ポイントは個人的には好きになれなかったけれど
作品をよく明確に表現するためにそういう描写をしているから
おもしろいと思った。

時代背景とキャラクターとキャストなどがほぼ完全に協調している作品。
大人になったブラウニーのキャストだけは気になるところだった・・・

そして、個人的に注目した点としては役者のジェームズ・マカヴォイ。
スコットランド出身の役者だ。
ずっと前に予告編を観たときから気になっていたけれど
観ていて、気持ちが良いぐらい役と演技が合っていて良かった。

決しておもしろいって笑って観る映画ではないけれど
この時代の裏側に迫れば迫るほど、より深みを感じさせる映画。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 観た映画 | 21:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
アイロンマン [IRON MAN]
アイロンマン [IRON MAN](2008年)

こっちで観た映画も含め、またレビューを再開していこうと思います。
最近観た映画は気になっていたアイロンマン。

マーベル・コミックの人気キャラクターのストーリーを映画化。
武器を作り海外に輸出なども行うアメリカの会社の社長が中東で誘拐される。新たな兵器を作るように強要され、監禁されるのだが
そのピンチを乗り越えるべく彼はあることを思いつく・・・

日本では、アイロンマンって確かそんなに知名度はなかったと思う。
少なくても自分の周り、そして、同世代では・・・
アメコミを映画化が本当にアメリカでは主流になってきているみたいだ。
それはこんな時代でも自分が少年時代に読んだコミックの映画版は
誰でもみたいという心理が反映されているからだと思う。

観る前の期待は大きかった。そして、実際に見てみると・・・

おもしろかった!!

CGの技術もさるものながらじっくりと時間をかけて
普通の男がヒーローになっていく様は見応えがある。
娯楽映画としてはストーリーの質が洗練されていると思う。
主人公があくまで人間だということを忘れさせない映画。

そして、主役のロバート・ダウニー・ジュニアがこんな演技を
するとは思わなかった。正直、数年前に映画「チャップリン」でのロバート・ダウニー・ジュニアの演技にあまりピンと来なかったので・・・
良い意味で期待を裏切られた。「チャップリン」ももう一度観ようと思う。

とにかく単純に楽しめたので良かった。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 観た映画 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画:ダイ・ハード3 [DIE HARD WITH A VENGEANCE]
ダイ・ハード3 [DIE HARD WITH A VENGEANCE](1995)

出演:ブルース・ウィリス

シリーズ第三弾。

ある朝こったテロ事件。
その事件の犯人からの電話でジョン・マクレーンを黒人街に
黒人が嫌いという看板を下げて立たせろという命令する。
そこへその場に偶然いたゼウスはマクレーンを助け、事件にも巻き込まれてしまう。テロを阻止すべく、二人は行動に出る・・・

テレビでやっていたのを録画して観ました!
ダイハード4はここ一年でもう観ていましたが、3に関しては
相当昔に観たきりだったので、ストーリーを覚えていませんでした。
今作で思ったのは、前半でマクレーンが戦うシーンが以外に少なかったなぁということ。後半では、良い感じにヒートアップしていき、このアクションを待っていたと感じた(笑)サミュエル・エル・ジャクソンとブルース・ウィリスがこの作品では、年齢が近いように映っていたから不思議だった。
調べてみたら実際は7歳しか歳が変わらないらしい。やっぱり以外だ(笑)

4を観て3を観たから次は2と1という流れでこのシリーズを観てみようかと思った。

PS.ついに年内映画100本観ました!!
それについては後ほど書きたいと思います・・・


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 観た映画 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/14PAGES | >>

© 2008 - 2016 ryoheiwatanabe.com  All Rights Reserved.
-->