スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| - | | - | - |
さよならサラリーマン

二十歳になった頃、僕はサラリーマンになった。
人生で初めて、お金を稼いだのが、好きなことをやってだったので
十代の頃に、まともにバイトすることに抵抗さえ感じていたこの自分が・・・

なんでサラリーマンだったか?!

それは、ある意味数字を上げる世界で、自分を試したかったからかもしれない。
夢のために、選択肢がなかったからかもしれない。

夢を追えば追うほど、遠くなるように感じたこともあった。
単純に、夢を始めたいときに、始められることに越したことはない。
でも、待っていてもラッキーチャンスが自分からやってくることはないと悟った。
だから進んで遠回りをする結果になった。。

そして、それから帰国と渡米を繰り返し、サラリーマン生活を続ける。
僕は、その生活の中で戦った。日々の葛藤も強くなった。
でも、今は数字の世界で何かをやった達成感のようなものを少し感じる。
それだけではなく、多くの価値観が違う人に出会った。
予想していなかったほどの刺激を受けた。

その業界は、漠然とパソコンに関わる業界だったとだけ言っておきたい。
そう、だからその辺の知識は、仕事の暇な時間にできる限り頭に詰め込んでいった。
そして・・・こともあろうに、その後の渡米で、映像制作を開始した。
その仕事を通して得た知識が、丸々役だった。
まさに、棚からボタ餅のような気分になった(笑)
そのとき、やっとやってきたことに意味を見出すことができた。

そうあれからいろいろあり、また、サラリーマンのようになっているのが今。

だけど、そろそろこの生活にも終止符を打ちたい。
もう、半面サラリーマン生活は、この帰国中で終わらせたいと思う。
そこから多くのことを学んだ。僕は、違う勝負の世界を見た。
これからは、映像という世界で勝負を挑みたい。

今まで、正直なことを言うと、役者の仕事も自分でセーブしてきた部分もあった。
それは、大きな目標のために、軸をぶれさせないためだった。
これからは、どんな小さな役でも、演じたい。演じていたい。

準備は、大詰めだ。

何かを成し遂げるまで、日本にこんなに長くいるべきじゃない。
アメリカに渡るけれど、これからは場所に囚われることなく、演じることを選ぶ覚悟で行きたい。
ここで、過去の自分とは、決別することになりそうだ。
いやっこれからは役者としてサラリーマンに出会うことがあるかもしれない。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| Life in Japan | 00:47 | comments(0) | - |
謹賀新年・初詣〇〇!・渡米準備

明けましておめでとうございます!!

とは言ってももう四日ですよ(苦笑)
そういうところがありますが、その辺のところをわかって今だにこのブログを読んでくれている方
ありがとうございます!

実は、あれからいろいろありまして・・・

といろいろ書く前に、今年の抱負を掲げたいと思います。
今年は・・・

「役もしくは、作品を100%満足の行く状態で、世に送り出す」

という目標を達成したいです。これまで作った4つの作品に対して
良くも、悪くもたくさんの感想を頂きました。それまで自分が気づかなかったことなども
そこで気づかされました。良い評価をしてもらえたのは、嬉しいけれど、これらの映画は
映画でもまだ、学生映画。短編映画でもあるし、まだ、ハリウッドのブロックバスターな商業映画とは
とてもじゃないけれど、肩を並べることはできない。だから、今年は、長編かもしくは
それに匹敵する短編映画を作って、また、新しいレベルの作品を作ってみたい。

そして、役者としてももっと自分を磨いていきたい。
今、自分ができることは、まだ、目標の30%か40%に留まっていると思う。
それは、自分に得意な役が来れば、演じやすいかもしれないけれど、プロとして
役者を名乗るんだったら、そんなムラがある状態では、ダメだ。
英語とともに演技力に磨きをかけなければ!

ということで目標となるものが見えてきた。

だが・・・今の自分はまだ日本にいる・・・
そうそれらを適えるためには、渡米しなくちゃいけない・・・
そして、その渡米のために、ここ2か月間、書類うんぬんを駆け回って集めていた。
また、日本に少しばかり長く滞在していたせいで、ビザの手続きが必要になってしまっていた・・・
お金もないし、ステータスを保たなければいけないなんていう八方ふさがりな状況に
立たされた僕は、またピンチを迎えていた。もっと長く日本にいれば、お金は貯まる。
でも、夢を途中で中断するっていうのには、精神力を奪われる。

そうだから今回も渡米すると決めた。
そして、ビザの面接を受け、もう一度ビザを発行してもらえることになった!
よし・・・良かった!!そして・・・疲れた(苦笑)
もう、こんなことが起きないように、アメリカで死ぬ気になってやらなくては!
今までは、きっと死ぬ気になる度合いが足りなかったのだと思う。
今、約70%の準備が終わった。また、渡米できる。
こんな僕でも、渡米できるんだから、誰でも本気になれば、渡米できる。
アメリカにいる周りのお金持ちの留学生たちの中で、僕は
自分のお財布と格闘しながら、必死にどう一日でも長くアメリカにいて
足元を固められるか、必死にもがいていた。絶望的な状況には、もうすっかり慣れてきていた。
偉くなくたって、お金がなくたって、みんなに同じチャンスが与えられるのだと
今の往年のハリウッド・スター達が証明してきてくれた。
だから僕もそれに懸けようと思う。20年後に結果が出なかったら、
本当に才能がなかったんだろう(笑)そう酒のつまみにしてください(笑)
何はともあれ、今月、また、飛び立ちます。

そうそう、そういえば、元旦は、日本らしい過ごし方をしようって
ことになって、ある俳優仲間と初詣するってことにした。
彼も下積みが長くって・・・同じ釜の飯を食べた仲間というか・・・
お互いの複雑な状況を語り合える間柄という感じで。
いつかは共演したい役者の一人です。

ということだったんですが、朝から昼まで、東京はめちゃくちゃ混んでいたので
夕方から夜に初詣に行こうってことになりました。まあ、焦ることないってごはん食べたり
公園で懸垂したり(笑)して時間を過ごして、暗くなってから神社に行くことにしました。

んで・・・

ん??


あれ・・・



目の前に広く白い水平線・・・じゃなくて、白い冷たい門。閉店!さよなら!!
そう、午後6時半に神社は閉まり、僕らは初詣に失敗しました(泣)
もう誰に突っ込めば、良いかわかりません。。とりあえず、笑っときました(爆)
ワンピースの白ひげぐらい(笑)

ってことで、それが、僕の元旦でした。
いやぁ、初詣はとっても・・・とっても入口の鳥居が大きくて壮大でした!!
また、正式な初詣行きましょう〜♪今回は非公式なやつだったんで。


とこんな感じで、またズラズラ書いてしまいましたが・・・
やっぱりこれは、長いですよね?周りにブログ長いよってよく突かれます(苦笑)
僕の一回のブログはツイッターだったら、5年分になりますからね(笑)(文部省調べ)

といろいろ書いてしまいました。なんかスッキリしたのは、僕だけでしょうね(笑)
渡米後は、もっと頻繁に更新できるはずです。いやっ絶対しますので!

こんな、初詣さえもまともにできない僕ですが、今年も応援よろしくお願いします!!!


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| Life in Japan | 23:43 | comments(0) | - |
兆しあり

なんだかんだ言って11月は全く日記を書けませんでした(汗)・・・
って実際はなんだかんださえも言わず音沙汰がなかったのですが。。

だからと言ってこれまでと比べモノにならないくらい死ぬほど忙しくなったわけではなかったわけです。でも、一か月日記を書かないのは、なんともすっきりしないですね。実はこの期間、一月に本当にアメリカに行けるかどうかという瀬戸際にいました。今回は、諦めて半年後だったらほぼ確実に行けるという状況なのは、確か。でも、こうやって何年も計画してようやくやりたいことができたのに、そこからまた、離れなくてはいけなくなったという状況は、とても気持ちの良いものではないです。たまに今が夢なのかアメリカにいた頃が夢だったのか変な錯覚に囚われます(笑)

そうそんな状況の中だったから、夢はあと半年間はお預けにしようかと本気で迷っていた。
アメリカに長く滞在するためには、ある書類を通さないといけない。
もう無理かと、諦めかけていたときに、ふとしたきっかけでやってみることにした。
駄目でも失うものは、何もなかった。



書類がギリギリにタイミングで通った。通った!!この機会にアメリカに行ける。
また、挑戦を再開できる。

「君が準備ができたら教えてほしい」

とエージェントの人などにアメリカでは言われた。
それは、僕のアメリカでのステータスの問題で、仕事ができなかったことについて。
今は、まだその課題をクリアする段階では、ないけれど、もし、アメリカに戻れればその土台を作ることはできる。チャンスはあった。準備ができていないのは、自分だった。今回は、今までの渡米の中でもそれほど良い状況じゃないと思う。半年待てば、きっと多少の保険は手に入れられる。でも、今、その場にいられないのは、辛い。ここには、すべて書けていないけれど、良いことと悪いことがすべて起こった結果として、今、自分は奇跡的にアメリカに戻れるのかと思う。本当なら、このすべてのことを自分がやる必要はないのかもしれない。ある意味この状況でも進もうとしている自分はバカだ。でも、ある人が言っていた「すべての起こったことには、きっと意味がある」ってことを信じる価値はあると思う。

書面上では、アメリカに戻れることになった。
行ったり来たりはしているけれど、次の渡米では、
本当の意味でレベルアップしないといけない。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| Life in Japan | 22:53 | comments(0) | - |
手を伸ばせば・・・届くはず
2010年10月・・・

刻一刻と近づく次のXデー。気がついたらもう2011年まであとわずかだ。1月に飛び立つ。いつも次こそはと思う。そして、次の渡米こそは夢への一番大きな歩みにしたい。いつも、気ばっかり張ってやってきた。でも、ふと我に返ると、その疲労がどっとくることもあった・・・周りからはこんな目標を持つべきじゃないなんて遠まわしによく言われる。今やっていることを選んだのは、自分だし、誰にもやらされているわけじゃない。夢を夢と思って、ひたむきにチャレンジをして、それが自分が思い描いていた夢とは違うと思い、失望したこともあったし、、燃え尽きかけたこともあった。だから今は、自分から出てくる衝動にしっかりと答え、本当に他人とは違う「自分」というものをもっと使って挑戦したくなった。それは、実際に思っていたよりかは、はるかに厳しいものだった。今までは、自分が活躍できる場を与えてもらっていたけれど、これからは自分が表に少しでも出れる場を作っていかないといけない。アートに触れるためのキャンバスを買う作業も自分でしていかないといけない。

今回の帰国では、すべてのものを予定通りに運ぶことはできなかった。
いやっ、今のところはまだできていない。どうにか、次への舞台へ自分を送り出せるようにしないといけない。今回もあと一歩のところの瀬戸際にいる心境だ(苦笑)まあ、でも、僕もこの何もない状況からハリウッドで出て、役者や監督になったら、きっと多くの人が希望が持てると思う。あんな奴でも、できるならって、思ってもらえれば、それで良い。

なんだかんだいって、間にブランクはありつつも、もうすぐで下積みが10年になる(笑)少年の頃の夢に抱いていたいたわくわくする気持ちを忘れていないだろうか・・忘れたくないし、そういう夢のあることを大人になってもできるのだったら最高だ(笑)
侍というかは、むしろ僕は、落ち武者ですが(笑)そこからどこまで這い上がれるかを友達のたまごっちを覗く感覚で見てってください(笑)


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| Life in Japan | 23:20 | comments(0) | - |
可能性?%でも売れ
地方編なんて言ったのにそれについて書くタイミングをすっかり逃してしまいました(汗)。。
こんな感じで、すいません。。それについては、良い機会があったら書いていきますので!

今は、前回の帰国とは、いろいろ違うアプローチをしています・・・
リスクがあるといえば、リスクもあるし、保障もない。。
そう今回のこれももしかしたら、違った挑戦なのかもしれない。

そう話は、急展開(?)かは、わかりませんが・・・
もしかしたら、もしかするとですが。。
僕が日本で映画を作るなら投資してくれる人が出てくるかもしれません。
って・・・なんでこうなったかというと、まあ、簡単にまとめると・・・
インターネットです、とだけ言っておきます。いやぁ、そんな時代ですよ。
怖いというか楽しいというか(笑)ってそんな、笑いごとを言っている場合じゃないんですが
僕がどう映画を日本で作って、どう売るか。それをはっきりさせないといけないです。
その前に、大元の部分では、僕はアメリカでやっていきたいのだけれども、日本から
世界に発信できる映画を作って、それと一緒に世界を渡るってのも悪くないと思います(笑)
まあ、それが今後、起きるかどうかは自分次第ということで、これからアピールしてみます。
僕は世界の人が誰も見たことないような映画を作れる自信がある。だから、ここで
どうにかうまくチャンスに繋げたいところ。投資家とのやり取りは、今後のための勉強になると思う。
僕ができるのは、僕の熱意をすべて伝えて、そして、今までできたこと、そして、次に実現できるだろうことを彼の前に提示するだけ。経営者や投資家は、数字をしっかりとした裏付けを元に、紙に書くことができなければいけない、けれど・・・僕は数学はそんなに得意じゃない・・・
それでも、弾きだせ!・・・小学生のときにそろばんをやっていたからきっと大丈夫なはずだ。
そう思い込もう。いける。大きい作品が作りたい。作れる。楽しみになってきた!

僕は、オリジナリティに絶対的に自信がある作品の構想をひとつ持っている。
その映画とだったらどこへまでも行く覚悟ができている。。
難点といえば、まだ、本を書き終えてないところ。それを発展させるか、
それとも、新しい何かを考えるか・・・焦点をこれから絞ろう。

って世界には、こういうチャンスがゴロゴロしているわけだから
日本人がもっと世界に出たら、何か絶対にできると思う。

何よりも、みんな、それぞれがそれぞれで全く違う方法で
同じゴールを目指すのが、RPGみたいでおもしろい(笑)
それが楽しくなければ、今までも続けられなかった。

さあ、これからどうする?


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| Life in Japan | 00:05 | comments(0) | - |
〜地方へゆく編〜


しばらく振りにブログを書きます(汗)実は、ちょっと前まで働きに地方に行ってました。場所は長野県です。って地方とはいっても関東圏のような気がしないでもないですが、とりあえず行きました!まあ、もの凄く簡単にこの仕事を説明すると、営業系です。なんだかんだいって、合計して約2年ぐらいは、渡米前にこういう仕事をした経験があったので。ってまあ、それは置いといて・・・

休みが2日あったので、その期間は街を観光しました。それ以外の日は、サバイバル系だったので(苦笑)あっでも、これまでほど食を切り詰めたりはしなかった。というのも、今まで、一日100円生活ができたのは、実家住まいという恩恵を受け、一食を切り詰めてできたものだったけれど、3食100円づつは後々厳しくなると思った。だから多少基準を緩くした。本当は自炊できれば、野菜なんかに頼って、もっと絞れたけれど、外でそれをやるには、限界があった。

んで、長野の観光について。とりあえず、これは善光寺の前の通り。この寺は世界遺産になっているのだけれども、僕の頭の中では、記憶があいまいだった。。500年以上もの歴史があるこの建造物。決して、懐かしいような感じはしないけれど、厳格な雰囲気があるというか。堂々としていた。




(地方編については少しづつ書いていきます)


今はまた、家に戻ってきている。あと4カ月でアメリカに入国?なんだか時間の経過が早いのだか遅いのだかわからない・・・ただ、今は僕はあることに懸けたので、それがうまくいかないと次の渡米に支障がでるかもしれない。。懸けというか賭けのようでもあるけれど、ギャンブルじゃなくて、それも挑戦だ。そして、次こそはこうやって、渡米を途中で中断しない方法を考えているところ。帰国には、良いところがある半面、アメリカでのキャリアを築くという意味では、完全に停止しているわけなんだ・・・帰国と渡米を繰り返しているけれど、一回一回が全く違う意味をなしている必要がある。これは同じことの繰り返しじゃなくて、確実に次のステップに行く方法だと思いたい。

ちなみに今、その辺りのことをはっきりさせるために、「そろそろ日本に戻ってきてもいいのでは?」というコメントに答えさせて頂きます。

今、現在、僕は日本にいるわけですが・・・日本でやるという方法もアリだと思います。現にハリウッドで活躍している日本人が日本で作品に出ることはよくあることだと思います。でも・・・今の僕は、やっぱりアメリカで挑戦したいです。世界に向けて何かを表現してみたいです。調子に乗っているかもしれません(汗)でも、今この機会を逃して、日本にずっといたら、もう次にそういう機会があるかわかりません。言葉も通じない人達に、何かを共感してもらうことができたら本当にすごいなと思います。ただ、それを実現するには、時間もかかると思いますし、並みのチャレンジじゃいけないと思います。だから、応援してくれている人には、早く結果を見せたいというのもありますが、まずは、アメリカでしっかり地を固めようと思います。それから、もっといろいろやっていきます。

今、僕は21年間を過ごした部屋にいるわけですが、今、感じていることってこれまでのどんなときとも違うなと改めて思います。今は、鈍行ですが、これからそれを取り返して、行きます。これからは文字だけではなくて、いろいろな方法で表現していきますので、待っててください。

今、僕が追っているものはもう空想上の夢ではなくなった気がする。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| Life in Japan | 00:46 | comments(0) | - |
直進不可。
はい、最後にブログを書いてからもう3週間になります・・・そして、僕・・・生きてます。

言っても、今回の一時帰国は時間がない。時間がない?
ただ単に休暇で日本に戻ってきたならそんなことにはならないけれど
僕には、達成しなければ、いけないことがある。
いやっそれが唯一のアメリカに戻る道・・・毎回毎回、難易度が上がった課題が出てくるので
話題に尽きない(苦笑)もう、アメリカへの挑戦を開始してから4年目に突入するというから
これからは、地にもっと足を付けて、アメリカで挑戦したいところ・・・
それができるかできないかも自分次第で、やりたくなきゃやらなくても良い。
でも、そんな選択肢は持ちたくない。よくよく考えたら、今まで心から信じて掲げた目標は
すべて達成してきた。失敗の方が多いけれど、時間をかけてやっていたものは
目標まで辿り着いた。だからこの超難関で、実力と奇跡にも近いものがないと達成できない
ハリウッドに今度は挑戦したい。そうなんだ。そういう気持ちでやってきた。

本当は自分がやりたいものにずっと触れていたいけれど、それをやるために
遠回りをしなきゃいけない。それはとても複雑だけれども、それでも、やるからには
喰らいついていかないといけない。ド根性ガエルにならないといけないんだ。
そして、たった一度来るかもしれない大きなチャンスに今は備えてくしかない。

こう帰国と渡米というアプローチを繰り返していると今までの方法が正しかったのか正直わからない。
でも、足を止めたら距離を縮めることはできないから進むしかない。そして、とっても
複雑な状況にいるので、それをどうにかしないといけない。ただ単純にやっても
駄目だから全力で知恵を絞り、命を懸けて挑むしかない(笑)

限界なんかに、止められるものか!


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| Life in Japan | 00:28 | comments(1) | - |
それっ、例のっ、Dancing goby fishです!169匹
Dancing goby fishって知ってます?? 調べてようやく自分でも、わかったのですが、ハゼのことです。どうやら海中を上下に泳ぐ姿が踊っているようなので、こういう名前になったとか。そうそう僕は幼稚園児のときから奴らを釣り上げていた。 そして、今日ふとしたきっかけから父とココに行くことになった。 江戸川 それは江戸川です。そこで奴らは群れをなして、生活しています。いやっ正確には、群れとかそういう意識は彼らには、なさそうですが、それでも、たくさん群がっているのは、確かです(笑)彼らが大好物とするのは、ゴカイです。あっあのミミズの強化版みたいなやつです。さすがにココで写真を載せるのは、グロテスクで僕が見たくないので止めますが(汗) 昼頃、渋滞を乗り越えて、川に着く。そして、ボートをレンタルして、大海に乗り込んだ。いやっ、気持ちはそのぐらいの勢いで、この川へ、そおっと入り込んだ。。曇り空で、直射日光がないだけ良い天気だ。天気がめちゃくちゃ良い日はなかなか釣れないことがあるので、今日は何か良い予感がした。 ゴカイを千切り、針に刺す。これも結構最初に人にとっては、なんとも気持ちが悪い(苦笑) 僕にとって、これはもう流れ作業なので、特別な感情は持たずに、川の底に眠る奴らだけを目がけていくことに決めていた。
そして、開始から約5分。キタッ〜〜〜〜〜!!!@m@)
(笑)小さな当たりだけど、最初の一匹。おぉこれはもう何年振りの再会だ・・・さすがにハグをしてしまうと、彼の内臓がつぶれてしまうので、それだけは止めておいた。僕はそのくらいの社会常識はアメリカで得た(?) それからも連続して、やってくるハゼ達。もし、彼らが街中でティッシュを配っている連中だったらと思うとぞっとする。そのぐらい連続的にヒットする!彼らは小柄なホビットぐらいのサイズしかない。きっと5〜8cmだ。異常気象の波で、彼らの成長がこの年は異様に遅いのか・・・こんなベイビー達を釣りに川へやってきたのではないけれど、楽しめた。親父と自分の二刀流の釣りが功を奏した。僕は2つの竿に慣れるまでちょっと時間はかかってしまったけどね。そして、地上の楽園に舞い降りた天使たちが彼らだ。 結構な量だ。獲得経済、弱肉強食の世界では、これが命の糧になる。彼らの顔が見たい??
こんな顔をしているのがハゼです。新幹線みたいな顔でしょ(笑)それはきっとこの青年期の間だけで、後年はもっとのっぺりした顔になる。 数えたら彼らは169匹!!!オオォ・・・4時間に二人でこの量はなかなかいいんじゃないかなと思う。サイズは小さいけれど、コンパクトが流行る時代。ただし、捌くときは地獄に変わる。ハゼを丁重におもてなすために、僕は父と同時に捌いた。豆粒みたいで、本当に厄介だった。そして、最後に 揚げた。そして、彼らをおいしく家族で食した。うまい!汗水垂らして、獲った食事の味はまるで違う!! 久しぶりに釣りをした。もう最後にしてから2年以上振りになるけれど、この感覚はいつも忘れられない。そして、魚たちは大地の恵みだと思った。日本を支える資源は米と魚だ。僕らは勝手に生きているようで、この自然に生かされているだけだ。都会から抜け出し、自然に飛び出すとそう強く思える。 釣りから学んだのは、ただの能天気になることだけじゃなく、自然との駆け引きだ。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| Life in Japan | 23:52 | comments(0) | - |
| 1/8PAGES | >>

© 2008 - 2016 ryoheiwatanabe.com  All Rights Reserved.
新卒採用2018 | GMOペパボ株式会社
-->