スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| - | | - | - |
オタマジャクシ=♪
以前にブログで「これからブログで新しいことをやります!」と言っていましたが

それは



音楽配信です。



ブログの下部から作成した楽曲をいくつか再生できるので、ぜひ、聴いてみてください!
mp3の曲の購入ダウンロードが以下から可能なので、興味のある方は、そちらも確認してみてください。

http://www.cdbaby.com/cd/ryoheiwatanabe

それとは、別にですが、映像製作者の人のために、無料音楽配布も行っています。現在は、youtubeからのダウンロードのみですが、今後は、このブログでも、それらを載せていけたら良いです。自分のような映像製作者の人のために役に立てれば、良いなと思います。

実は、何年か前からひっそりと映像用の音楽を自分で作れたらいいなという思いを持っていました。そして、約1年前に、少しづつ空いている時間を割いて学び始めました。結構時間が掛かりましたが、ようやく少し形になったかなと思います。まだ、学ぶ点は多いと思いますが、少しづつ勉強していくつもりです。あくまで、映像をプッシュできる音楽制作に重点を置いていくつもりですが、もし、他にもできることがあるのであれば、それを止める気はありません。


ということで小さな報告でした。


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 音楽 [Music] | 18:52 | comments(0) | - |
じゃあ音は
最近、音楽関係についてもより深く学び始めました。

それにしても音楽って深い。
音楽と映画の関係も切っても切れない。

今の僕ではまだ何もできないですが
これから自分の作品を作るとしたら
音楽はどうしていこうかと考え中・・・

最初は学生映画を作ったりということになると
思うけれど、だからと言ってただそれなりのものを
作って終わりにはしたくない。

監督志望の友人といろいろ映画について
話して、効果音ひとつで映画の印象が変わると
彼は言っていたけれど、後々映画を観てみて
音に着目してみると、確かに効果音も大事な要素のひとつだと
より自覚した。お笑いのボケも聞こえなければ伝わらない(笑)
映画でも要所要所が伝わらなければ、意味をなさない。
友人のS君は、撮影よりも、編集の方を実は目指しているという
を聞いた。自分は何をしたいんだろう・・・

映画を通して、他の人がやらないオリジナルなものを表現したい。
それって、案外役者として自分の個性を見つけていく作業に
似ている気がする。

目の前にあることをやるということをモットーにやってきた
からこれにも、おもいっきりぶつかれれば良い。
逃げ道はすべて潰して行こう。

まあ、ともかく今はとてももどかしい時期だけれども
前に進もう。失敗を恐れていては始まらない。

絶対、負けられないわ(笑)


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 音楽 [Music] | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョン・バトラー・トリオ [John Butler Trio]

 音楽好きなので、音楽カテゴリを作りました!

<center>ジョン・バトラー・トリオ<br>
<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/6VAkOhXIsI0&hl=en&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/6VAkOhXIsI0&hl=en&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>
</center>

最近彼らの曲を聴いています。The John Butler Trio(ジョン・バトラー・トリオ)はオーストラリアからのバンド。アコースティックなサウンドが好きで
偶然に見つけました。音がめちゃくちゃ良いです。12本の弦は半端じゃないです(笑)ギターでここまで心に響く演奏をできるミュージシャンはそんなにいないと思います。魂を感じれる音楽は本当に良い。映画でも音楽でもやっぱりレトロなものやクラシックなものは何度見たり、聞いたりしてもいいと感じる。自分が作品を作る側になってもどこかでそういった要素を取り入れていきたいと思う。まだ、学ぶことが多いのですぐにとはいきませんが
人生で一度は自分の作品を作ります。

さぁ旧式の考えを捨て、垣根を取り壊してゆこう!


クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
| 音楽 [Music] | 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |

© 2008 - 2016 ryoheiwatanabe.com  All Rights Reserved.
-->